NY ひとりごと

NYでの日々と、手作り生活を気のむくまま綴るBLOG




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

バレンタインデー :: 2012/02/14(Tue)

2月14日

ご無沙汰してます。今日はバレンタインデーですね。街にはバレンタイン用の商品があふれてます。
そんななか先月つくったバレンタイン仕様のチョコレート石けんができました~!

DSCN2360_convert_20120214111115.jpg

ヘーゼルナッツオイルにダークチョコレートを混ぜ込みマーブル模様にしてみました。

DSCN2371_convert_20120214111204.jpg

マーブル模様は初めてやったのですが、結構難しい… 混ぜるのをやめるタイミングの判断がなかなかできない。混ぜれば混ぜるほど細かいマーブルになります。今回はざっくりとしたマーブルにしたかったので混ぜ過ぎないように気をつけました。カットした場所によっても、違う模様がでてくるのでカットもいつも以上にドキドキでした。キューブ型のほうのマーブルはいい感じに仕上がって、かなり気に入っております。

プレゼント用にラッピング。お菓子っぽさを意識してみました。おいしそうに仕上がりました。

DSCN2378_convert_20120214111248.jpg

肝心の使い心地はなかなかよいです。今回はエッセンシャルオイルは入れず、無香料にしてみました。もっとチョコレート臭くなるかと思いましたが、そうでもなくほんのりわずかに香るかな~っといったところ。チョコレートの糖分とカカオのおかげか、しっとり感もあっていい感じです。

ついでに他の石けんもプレゼント用に包みました。夜長堂のペーパーが大活躍。

DSCN2384_convert_20120214111318.jpg

復刻ペーパーはレトロなのにモダンで、何を包んでもかわいくなります。

DSCN2392_convert_20120214111338.jpg

最近はいろんなサイズに石けんを切ってみてます。長細い石けんもかわいいな~。


スポンサーサイト
  1. 手作り石けん
  2. | trackback:1
  3. | comment:4

石けんラッピング :: 2012/01/12(Thu)

1月12日

まだ年が明けた実感がなく、なんだかボーっとしてます。NYは寒かったり暖かかったりと毎日気温の変化が激しいです。そんな中、石けんに関しては意欲的に取り組み中。

12月に作った石けんの熟成が終わったのでラッピングしてみました。ラッピングに使ったのはこちら。

DSCN2299_convert_20120109070915.jpg

夜鳥堂というところからでている、昭和初期の包装紙などを復刻印刷した紙製品たち。親戚の子のブログhttp://tawatari.blogspot.com/search?updated-max=2011-08-15T01:37:00%2B09:00&max-results=7で紹介されていて、あまりのかわいさにわざわざ日本から取り寄せました。このレトロで力の抜けた感じがいいです。ラインもブレてたりして完璧じゃないところに愛着がわきます。こけしちゃんは特にお気に入りです。夜鳥堂の紙製品は京都の恵文社一乗寺店で買えます。

そしてラッピングした石けんがこちら。

DSCN2311_convert_20120109071037.jpg

今まで活用しきれてなかったマスキングテープを使ってみました。うん、これはリボン代わりにアクセントになっていいかも!実はマスキングテープが大好きなのです。マスキングテープを見つけると手に取らずにはいられない。いろいろな柄が楽しいし、あの人工的な透明テープと違う素朴な質感と粘着感が好き。そんなわけで何かにつけて、日本から送ってもらったマスキングテープが部屋にゴロゴロしています。このラッピングでそんなマスキングテープたちも日の目を見ることができそう。

肝心の中身の石けんは、カレンデュラのハーブ入りとハチミツ入りのもの。今回初めてひまし油を入れてみたのですが、泡立ちが飛躍的に良くなって素晴らしい使い心地でした。シャンプーももくもく泡がたって、これはくせになりそう。ひとつ配合するオイルが変わっただけで、全く違う石けんができるのにはつくづく驚かされます。何事も追求し始めると奥が深いものですね。

恵文社一乗寺店
http://www.keibunsha-books.com/index.html

  1. 手作り石けん
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

新年初石けん :: 2012/01/09(Mon)

1月10日

年末年始はお休みだったので、久しぶりにゆっくりすることができました。そんなわけで、新年早々家にこもってやっていたのが石けん作り。本当に石けん作りって楽しいな~。ぐるぐるかき混ぜて油と水が見事においしそうなカスタードクリームみたいになる時なんて、目がキラキラしてしまいます。

今回は初めてデザイン石けんにチャレンジ。

DSCN2308_convert_20120109071010.jpg

アボカドオイルを使った石けん。アボカドオイルは肌に優しいマイルドな石けんになるので、赤ちゃん用のソープによく使われるオイルです。今回はココアのラインを入れて、その上にWheatgrassの粉末で色を付けた石けん生地を流して二層にしてみました。和菓子みたいに仕上がりました。

そしてこちらは粒あんを練り込んだ石けん。

DSCN2305_convert_20120109070949.jpg

ヘーゼルナッツのオイルに粒あんペーストを混ぜました。あんこ入りの石けんは、さっぱりした洗い上がりになるそうです。ヘーゼルナッツはちょっと高価なオイルなのですが、香りが素晴らしくて私の大好きなオイルです。出来上がりの石けんが真っ白になること、香り付けをしなくてもナッツのいい香りが残るため、私は好んでこのオイルを石けんに使います。石けん作りで残ったヘーゼルナッツオイルは顔用の保湿オイルとして使ったりします。もうこの上なくステキなナッツの香りで、顔につけるととろけそうになります。お料理やお菓子作りに使ったら、それはそれはおいしいものができそう。(それが本来の使い道ですよね…)

今回私は粒あんそのものを入れましたが、どうやら本来は粉末状のさらしあんを入れるのが正しいみたいです… いつもの早合点。適当にレシピを見て作り始めてしまうのはいけませんね… 大丈夫かな?今のところ問題はないですが、もしかしたら腐りやすくなったりするのかも… でもピンクベージュのなんとも優しい色に粒あんの粒がかわいい石けんになって、かなり気に入ってます。自然の色って本当に優しくて暖かい。

ただ今熟成中。毎日石けんを手に取ってにおいを嗅いだり、堅さを確かめたり、表面の手触りを感じたりして、ひとりニンマリ。毎日少しづつ熟成が進んでいて、着々と石けんになっていく行程を見届けるのは飽きることがありません。この”待ち”の時間が石けん作りの魅力をさらに拡大させる気がします。早く使いたいのに、使えない”おあずけ”の状態… 4週間待ちに待った石けんを使ううれしさ。こんな感じですっかり石けん作りにはまっています。次はバレンタイン仕様のチョコレート石けんを作る予定です。

  1. 手作り石けん
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

オレンジ石けん :: 2011/09/22(Thu)

9月22日

先日誕生日を迎えまたひとつ年をとりました。本当に一年なんてあっという間ですね… 今年もマイペースにがんばっていきたいと思います。

さて、とっても久しぶりに手作り石けんの写真をアップします。今月初めに熟成が終わったレッドパームオイルの石けんです。

DSCN2124_convert_20110907125821.jpg

鮮やかなオレンジ色はレッドパームオイルの色です。前回と同じく、前田京子さんのサンシャインバーのレシピで作りました。蜂蜜入りなので、しっとりする上、泡立ちもとってもいい石けんです。

実はこの石けん、型に入れて保温箱に入れてしばらくしたら真っ黒に色が変化してびっくり!熟成が進むにつれ色はきれいなオレンジに落ち着いたのですが、ちょっとした気温や湿度の変化でいろんなことが起こるので油断なりません。ともかくちゃんと使える石けんになってよかったです…

今回はレモングラス、レモン、ペパーミントのエッセンシャルオイルで香り付け。ただこのレッドパームオイル、オイル自体の香りが結構強い上、独特なのでエッセンシャルオイルの香りが飛んでしまいます… 今回はレモングラスが結構残ってますが、前回つけた柑橘系の香り、レモンとオレンジなんかはほとんど香りが残りませんでした。色的には柑橘系がぴったりの石けんなんですがね~。なんか相性のいい香りを考えねば…

DSCN2131_convert_20110907130011.jpg

石けん的にはもくもく泡が立って、使い心地抜群です。お皿洗いなんかにもぴったり!泡立ちがいいのでシャンプーもしやすいんですが、洗い上がりはちょっと髪がきしむ感じ。マルセイユ石けんの方が髪がしなやかになります。同じ手作り石けんでもオイルによってそれぞれ特徴が出て面白いですね。

そして今回は初めてアクリルモールドを使ってみました!ずっと石けん型が欲しくて探していたのですが、アメリカのウェブサイトだと一度に50個とかできる”本気”の型しか売っておらず、やっと見つけたのがこちらの型。日本のツクツクさんという手作り石けんのお店です。

DSCN2136_convert_20110907130104.jpg

かわいいイラスト入り。入れ子式でとっても使いやすい!そして売り物みたいにカクカクの石けんを型からだす瞬間は最高に気持ちいいです。大きさもちょうど良く石けん作りがますます楽しくなりました!また石けん作りに励みます。

手作り石けんの店ツクツク
http://www.tsukutsuku.com/myshop/index.html

  1. 手作り石けん
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

石けんいろいろ :: 2011/05/13(Fri)

5月13日

NYはだいぶ暖かくなってきたものの、まだまだ気温が不安定で、暑かったり、寒かったりと毎日着るものに困ります。夏が待ち遠しいです。

そんな中、また石けんを作ってました。今回はグリーンに挑戦。ウィートグラス(日本でいう青汁的な?)のパウダーを入れ込みました。草っぽく仕上げるためにスイートバジルのエッセンシャルオイルで香り付け。優しいグリーンになりました。

DSCN1117_convert_20110504115102.jpg

そして前田京子さんの本にのっていた、レッドパームオイルを使ったサンシャインバーも作ってみました。レッドパームのオレンジ色がきれいなこのソープを作りたくて、ずっとこのオイルを探してました。しかしこのレッドパームオイル、街中めぼしいスーパーを回ったのですが、なかなか見つからなず… 結局ハーレムの怪しいアフリカンストアーでやっと発見、念願のサンシャインバーを作ることができた訳です。

DSCN1109_convert_20110504115014.jpg

トップにはカレンデュラのドライハーブを散らしました。しかしこのソープ、かき混ぜ始めてすぐに固まり始めて、(通常は12時間くらいかかるところ)なんと30分あまりで型入れの状態になってしまったのでちょっと不安です。そして初めててこねの石けんを作ってみました。カレンデュラとラベンダーのを上にトッピング。なんだかたこ焼きみたいになってしまいました… あんまりかわいくないな…

DSCN1119_convert_20110504115121.jpg

この子たちの熟成期間もあと少しで終わります。そしたら今度はせっせとラッピングをして、プレゼントにします。自分で使うのも楽しいですけど、差し上げるのもまた楽しいですからね。

  1. 手作り石けん
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。