NY ひとりごと

NYでの日々と、手作り生活を気のむくまま綴るBLOG




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2ドル札!! :: 2012/08/28(Tue)

8月28日

またまたご無沙汰でした…
あまりに更新しなさすぎて、ブログ用に撮りためてた写真がたまりにたまってます…
そんな写真たちをぼちぼちアップしていきますので、これからも変わらずお付き合いお願いします。

撮りためた写真第一弾は、幻の(?)2ドル札です。アメリカでの生活もトータルでかれこれ7年近くになりますが、初めて遭遇しました。というか、そもそも2ドル札が存在するということを知ったのも1年前くらい。アメリカで日常的に使われてる紙幣って1,5,10,20,50,100ドル辺りですよね。まあ、毎日なにかしらで紙幣は使ってますから、7年間一度も見なかったというのはやっぱりほとんど出回ってないんでしょうね。日本の2千円よりも希少?こちらがその幻(?)の2ドル札です!

IMG_2088_convert_20120828132713.jpg

しっかりと2の数字が!トーマス・ジェファーソンの肖像が入っています。

IMG_2090_convert_20120828132832.jpg

そして後ろは”1776年独立宣言”とあり、その様子が絵で書かれています。しかし何でまた2ドル札なんて作ったのか…?と疑問に思ったのでウィキペディアで調べてみました。以下ウィキペディアより。

また、2ドル紙幣は、独立200年記念として発行されたが、流通はしているものの、その量は他と比べて極端に少なく、アメリカ国内でも実物を見ることは滅多にない。「2ドル札のように疑わしい (Doubtful as Double)」という言回しも存在するほどである。昔から縁起が悪いといって紙幣の周囲の余白を切り取った2ドル紙幣が多く見られた。

ほお〜独立200年記念だったのね。日本の2千円札も沖縄サミットの記念で発行されましたよね。記念ものはあんまり流通しないんでしょうかね… 
ともかく縁あって私のもとにきてくれた2ドル札は、大事にとっておくことにします。

スポンサーサイト
  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。